指数・対数を総まとめ!公式や計算規則【重要記事一覧】

指数・対数に関するさまざまな記事をまとめていきます。

気になる公式や問題の解き方があれば、ぜひ詳細記事を参考にしてくださいね!

 

指数とは?

指数とは、同じ数を繰り返しかける計算「べき乗」で「かける回数」のことです。

\(a^x = M\)

(\(a\) の \(x\) 乗は \(M\))

→ \(x\):指数

 

指数法則

指数において成り立つ計算規則です。

指数法則とは?公式・証明や、分数・ルートを含む計算問題

 

指数関数

指数部分に変数を含む関数です。

指数関数とは?グラフや計算公式、微分積分や方程式・不等式

 

対数とは?

対数 \(\log\) とは、指数を求めるための道具です。

\(a^x = M\) において、指数 \(x\) は対数を用いて \(x = \log_a M\) と表せます。

 

指数と対数の関係

対数は、指数との対応から定義されます。

指数と対数の関係とは?変換公式やグラフの比較、計算問題

 

真数条件・底の条件

\(a^x = M \iff x = \log_a ⁡M\) において、\(a\) を底、\(M\) を真数といいます。

指数・対数の問題を解く際は、真数や底のとりうる範囲に注意する必要があります。

真数条件・底の条件とは?なぜ必要かをわかりやすく解説!

 

常用対数

\(10\) を底とする対数 \(\log_{10} N\) です。

常用対数とは?常用対数表の見方や計算、最高位・桁数の求め方

 

自然対数

ネイピア数 \(e\) を底とした対数 \(\log_e x\) です。

自然対数 ln、自然対数の底 e とは?定義や微分積分の計算公式

 

対数関数

対数の真数部分に変数を含む関数です。

対数関数とは?グラフや計算公式、微分積分や方程式・不等式

 

以上が指数・対数の記事一覧でした!

指数と対数の対応を理解して、さまざまな問題に対応できるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です